_03A9574

©Noriko Tidball(norikotidball.com)

 

 第一回 山ひろみ_Vegan Pudding & Co.  ヘッドシェフ ~海外で働く日本人が答える10の質問~

質問1_お名前:会社名:職種を教えてください。

山ひろみ:Vegan Pudding & Co. : ヘッドシェフ

質問2_あなたのお仕事について、具体的に教えてください。

夫婦でVegan Pudding & Co.を経営。主に接客、プリン作りを担当。ビーガンシェフとして、各種イベントで料理を提供。

質問3_日本では、どんなお仕事をしていましたか?

美容師として5年働いた後、フリーのヘアメイクに転身。主にフレンチレストランなどでのブライダルヘアメイク、ゼクシィなど雑誌撮影用ヘアメイクを手掛ける。

質問4_海外で働くようになったきっかけは?

夫婦で4年半の旅の最後の場所となったバンクーバーで永住権が取得できたから。

質問5_英語はどのように勉強されましたか?

高校が英語教育に熱心だったのでベースはそこでできあがったと思います。英語はもともと好きだったのでずっと何となく独学で勉強してきました。日本在住の外国人の友達から教わったり。未だに役に立っているのは、『DUO3.0』というテキストの丸暗記!

質問6_海外で働き始めて、苦労することは何ですか?

大きな苦労はないですが価値観の違い?

質問7_それを、どのように克服されましたか?

最低限自分のやり方は守りつつ、こっちのやり方に合わせるようにしたら気が楽になった。

質問8_海外で働くことの楽しさは、何ですか?

お店を持つ前はカナディアンのキッチンで働いていましたが、技術があれば認めてもらえるし、年齢をまったく気にしなくていいのが嬉しかったです。

質問9_海外で生き抜くための “仕事の流儀”を教えてください。

自分の仕事に常に自信まんまんであること!笑

質問10_海外で働くとこで、自分がどう変わったと思いますか?

いい意味でテキトーになった。常に100%頑張らなくてもいい。

山ひろみさんの、とある一日のスケジュール>

8:00 起床
8:30 お弁当作り
9:00 朝食(ジンジャーたっぷりセロリとニンジンのジュース)
9:30 プリンの材料になるかぼちゃを仕入れに、オーガニック卸売市場へ
10:00 お店到着~配達用のプリンのパッキング~プリン作りの下準備
12:00 お店オープン
12:30 ランチタイム(スモーク豆腐とコラードの中華炒め、ヘンプシードふりかけごはん)
12:45 プリン作り開始
14:00 新人さんのトレーニング

プリン屋で新人さんのトレーニング

プリン屋で新人さんのトレーニング

16:00 休憩(RevolverのコーヒーとWholefoodsのビーガンクロワッサン)
16:15 プリン作り再開
19:00 閉店~レジ締め ~翌日の準備
20:00 プリンの配達
20:45 帰宅~夕食の準備
22:00 夕食(ペンネアラビアータ、アボカドサラダ)
23:00 自由時間~愛猫アミコと遊ぶ~メールチェックなど

1にちの終わりのこの時間が一番リラックスできる。

1にちの終わりのこの時間が一番リラックスできる。

23:30 シャワー
24:30就寝

 

 

<<<次回は、山ひろみさんの“ゼロ→イチポイント”に迫ります!>>>

About The Author

Star☆tS 編集長 - 言葉の魔術師

兵庫県明石市生まれ。言葉のお仕事師。夢見がちなこども時代、激音と妄想まみれな思春期、販売・事務職など迷走OL時代を経て、大失恋をきっかけに晴れてコピーライターに。2007年、サンタモニカへ移住。2010年、バンクーバーへ移住。ブランディング、コピーライティング、インタビュー記事執筆などの他、絵本、小説、エッセイなど、アーティストとコラボした作品も創作中。最近ぐっときた言葉は「愛は光の速度の二乗」。 カナダ留学エージェンシー カウンセラー

Related Posts