インナーマッスルというのは、体の奥深くにある筋肉の総称です。

インナーマッスルを鍛えると、姿勢がよくなる体のゆがみがとれる代謝があがる便秘解消ぽっこりお腹の解消など、様々な効果があるのです。

これは見逃せない!

普段の筋トレでは、浅い筋肉(アウターマッスル)が鍛えられますが、ヨガはインナーマッスルにもアプローチします。

 

今日ご紹介するのは、お腹まわりのインナーマッスルを鍛えるヨガ。

注意点は以下の2つ。

 

1. やりすぎは腰痛の原因になります!

足を下げる時に、腰が床からういてしまうところまでさげたら、それは下げすぎです。

ヨガは無理をすることなくすることが大事。誰かと競いあうものでもありません。

自分の体の声を聞きながら、出来る範囲を毎日続けてみてください。

いつの日か、自分の想像以上の効果が手にはいりますよ。

 

2. お腹に全意識をもっていき、お腹に全意識を集中させ、お腹から足を動かすことを意識してみてください。

「集中したところにエネルギーが流れる」という言葉があります。

鍛えたい場所に集中すること!

日頃、生活していてもそうです。

「お金がない」「彼氏彼女がいない」

そこに集中すると、そこにエネルギーが流れて本当にそうなりますよ。。。

インナーマッスルを鍛えて、立っているだけで「カッコいい人」になっちゃいましょう!

About The Author

マッサージセラピスト/ヨガ講師

日本で医師として4年間働いた後、語学留学をきっかけにカナダ移住を決意。 現在マッサージセラピスト/ヨガインストラクターとしてカナダ、バンクーバーで活動中。 医師時代に培った身体の専門知識と、ヨガで学んだ心のつながりを取り入れた独自のオイルマッサージは、遠方から訪れてくる人もいるほどの人気を誇る。Youtubeチャネル Wellness To Go

Related Posts