「失敗からぺしゃんこになってから立ち上がる方法」や「健さんの挑戦!」をリアルに語ってくださった前編に続いての後編です。最後にバンクーバー住民が大喜びするメッセージがありますよ!!

健さんにとって、今回の海外での英語での講演が次元上昇のポイントだったわけですよね。

  去年ある占い師の、「春に運命が変わる」ということを言われたことがありました。実際に「男は火星から、女は金星からやってきた」が世界で5000万部を突破しているベストセラー作家のジョン・グレイ博士を日本に招いてイベントを開催したのでもし今後、グレイ博士と共著で本を書けるとしたら、それは本の世界で次元上昇したことになります。

 そして今回バンクーバー名だたるスピーカーの方々たちがいらっしゃっていたので、彼らに本田健がちゃんと話せるスピーカーだ認識してもらうことができました講演後、がこんなに面白いって知らなかったよ」「そんなに健は面白かったっけ言われました。そんなにつまらないヤツだと思われてたのかなとも思いました。きっと、が緊張気味にスライドの説明をして、さっと帰るようなステージを想像していただと思います。日本から一緒に行った娘も、講演会の前には、終わったらパパをどうやって励まそうか考えていたみたいです。

そんな予想を裏切って聴衆の心をがっちりつかんだと。

 こんな挑戦が進行形怖いと感じるので、「もうリタイヤしてもいいかなと思うときもあります。今の仕事を全部整理して、山口百恵さんみたいにマイクを置いてステージを去るみたいなのをやろうかなど考えることがあります。やめるなら、もう本当に今がやめどきかとも思っています

 もしくは5000人規模のイベントを行って、「ありがとうございました」って、ペンを置いて「普通のおっさんに戻りたい」と言ってもおもしろいかもしれません

戻らないでくださ〜い!(笑) 話は変わって宇宙人バシャールとの対談の際の感想も聞かせていただきたいのですが。(*バシャールと本田健さんの対談が『未来は選べる』の本にまとめられている)。

 バシャールとの対談は、ロサンゼルスで行いました。最初はやや半信半疑でしたが、メッセージは素晴らしいかったです

 (バシャールチャネリングをする)アメリカ人のダリル・アンカさんバシャールとチャネリングをはじめると、明らかに部屋の中の風圧というか、空気圧が変わったのがよく分かりました。はっと何かが降りてきたような感じがしました。そしてチャネリングをしているときは、普段のダリルさんとは話し方が全然違うのにも驚きました。普段は、ボソボソっとした感じでダリルさんは話すのですが、バシャールになった途端、陽気な話し方なります。そして、チャネリングが終わるとまたいつもダリルに戻ります

 そしてバシャールが宇宙人だなと思ったのは、「資本主義が崩壊したときのために資産は金(ゴールド)で持っていたほうがいいですか?」と質問したら、「金も普通の石も単なる石ころです」と答えたときです

 よく考えてみると、確か同じ鉱物なのでそうだなと思いました。

健さんが会いたいと思う人物はいますか?

 向こうが会いたいと思うかはわかりませんが、オバマさんに会ってみたいですね。今回広島を訪問の際、オバマさんは個人的には謝罪したかったのではないかと感じました。けれども政治的な理由などがあり、それをすることができなかった。なので自分の思いを折り鶴に託して持ってこられたのだと思います。そういうセンスは素敵だと思います。いつか個人的に実際どのような気持ちだったのか、機会があれば直接聞いてみたいですね。

 落ち着いたころに、私メンターの皆さんを巻き込んで本当にオバマさんとの面会をオファーしてみようかなと考えています。大統領を辞めたすぐ後では難しいかもしれませんが、5年ぐらいしたら、オバマさんと近しい人が知り合いにいるので、オバマさんを日本に連れてきて講演会とか開催できるのではないかなと思います。いいタイミングでやってみたいですね。

世界の中で注目している地域はありますか?

 やはり、これからはパンパシフィックですね。アメリカ大陸ですと西海岸、バンクーバー、アジアですと日本と中国、それからマレーシアのあたりでしょうか。

 文明の歴史は千年ごとに移っていくと言うがいます。インドから始まってローマ、ニューヨークロサンゼルス日本への移り変わり今は中国にあると思いますこれは世界の覇権の基軸がインドやマレーシアも含め、どんどん西に移って行っているともいえます。日本はある意味終わっているとも捉えられますが、中国のあるパンパシフィックの中で重要な役割果たします。人口的なものから見ると、パンパシフィックというのはすごく面白いと思います

健さんはすでにインドにコネクションなど持たれているのですか?

 英語で本格的に本を出したら、ツアーでインドに行くと思います。それまでにいろんなことをやらなくてはいけないと思うので、ちゃんと準備をして臨もうと思います。

またぜひバンクーバーにもいらしてください!

 はい、またバンクーバーにも戻ってきたいと思っています。実は、もともとバンクーバーに移住しようと考えていました

そうなんですか!?

 でも両親の体調が悪くなり、当時は最終的に長野に移住しましたバンクーバーには、ひと月半ほど滞在したことがあ、そのときノースバンクーバーの物件も見て回りました

どこに魅力を感じられたんですか?

 バンクーバーの魅力を語り出したら何時間もかかってしまいますがなりにリサーチして北米に目を向けました。そして東か西かと考えたときにシアトルかバンクーバー、そしてサンフランシスコ、この三つがいいなと思いました。シアトルとサンフランシスコはビザの関係で難しいので、バンクーバーに住むのが一番現実的かなと思っていました。

ぜひもう一つお家をここに。

 絶対バンクーバーいいと思います。これからバンクーバー移住ブームを起こしたいですね。

ぜひぜひ!!!貴重なお話聞かせていただきどうもありがとうございました!!

        *   *   *

健さんがバンクーバーに移住を考えていらしたとは!! 何時間もかけてバンクーバーの魅力を語っていただきたいです(!)

来ればわかるバンクーバーの魅力。ぜひ多くの人に味わってほしいですー。

 

インタビュー前編を読む

About The Author

Piyo

カナダ・バンクーバーのお隣、リッチモンドからおかしな音が聞こえたら、それはPiyoの鳴き声かもしれません。カラオケルームが家にある生活を夢見ています。

Related Posts