はじめまして。GoGlobe Mediaの長塚です。

留学に興味のある学生さんや仕事しながらも漠然と海外に行きたいなーと思っている方も多いと思います。そんなみなさんのお力になりたい!の一心でこれからお得な情報などをお届けしていきます!

さて2020年に東京での夏季オリンピック開催が決まってから早くも1年が経ちました。あっという間に1年は経ってしまいますが、2020年もすぐそこに迫っています!ご存じの方もいるかもしれませんが、オリンピックが決定した後、海外メディアが日本人の英語力について課題を投げかけていました。

「文法重視から脱却できるか?」「義務教育で3000時間以上の英語力を受けているのに英語が話せない!」などなど・・・。

こんな事を言われ、2020年までに英語力の強化、特に話せる英語を習得したい!と奮起した人も多いのではないでしょうか?

話せる英語を身につけるのは留学やワーキングホリデーなどで英語環境で生活するのが一番です。誰でも日本を一歩出れば「日本代表」になれますので、この記事で少しでも留学が身近になってくれればと願います。

そこで今回日本で行われている留学支援状況について纏めてみました。

 

日本の留学支援状況のまとめ

トビタテ!留学JAPAN

日本政府
http://www.tobitate.mext.go.jp/

日本政府が民間企業や教育機関と協力し、リーダーシップを発揮できる真のグローバル人材を育成する為に発足した留学促進キャンペーンです。海外の中学・高校への進学から大学留学、ワーキングホリデー、インターンシップまで、多種多様な留学スタイルをサポートしてくれています。

さすが国家プロジェクトと謳っているだけありますね。留学などに関するコンテンツが多くありますが、私が非常におもしろいと感じたのは「企業の人事に聞く」というインタビューコンテンツ。

留学やワーキングホリデーで海外に渡航する人の多くは、帰国後の仕事や生活などに不安を持っている方が多い・・・、でもこのインタビューを見ると、留学=就職に不利という構図は全く無いという事が分かります。

帰国後が不安な方も「トビタテ!留学JAPAN」で背中を押されてみてはいかがでしょうか?

 

日本学生支援機構 JASSO

独立行政法人
http://www.jasso.go.jp/

なんとJASSOのHPには、海外奨学金の検索サイトがあり、国別や専攻別などで奨学金の検索が出来ます。

学校や自治体が給付している奨学金情報が検索できますので、留学を検討している方は必ずチェックしておいた方が良いですね。自分の住んでいる町にも奨学金あったんだーなどお得な発見できるかもしれません。

意外にも地方自治体が積極的に支援しており、貸付タイプも給付型(返済不要)や貸与型(要返済)など様々です。募集されている奨学金の多くは、海外渡航前の方を対象としているので、留学で奨学金の利用を検討している方は、念入りに事前準備しておいた方が良いです。

 

ハーバード大学への留学支援制度

東進ハイスクール
http://www.toshin.com/harvard/

「今でしょ?」で有名になった林先生も講師を務める東進ハイスクールが世界的にも有名なハーバード大学への留学支援制度をしています。

なんと一人あたり最大2000万円!年間総額2.4億円の留学を支援してくれるそうです!さすが東進ハイスクール!太っ腹ですね。

給付にあたってはテストを受け選抜されるのが必須ですので、ハーバード大学で学びたい方は今から勉強していきましょう!
日本国・企業・自治体・教育機関が総がかりで留学を支援していますので、今後更に留学が身近になると思いますので、一日でも早く留学が今以上に身近に気軽になる日を願います。

 

皆さんも「日本代表」になりませんか?