こんにちは!新米バンクーバー人・Kanaです。
バンクーバーに来て約半年。このコラムでは、私自身がバンクーバーでの実生活で知ったこと・驚いたことを中心に、「これから海外での生活を考えている人に、少しでも役立つといいな〜!」と思うことをご紹介します。

今回のテーマは、

「日本から持ってきて役立った生活必需品」!

日系一大コミュニティがあるほど大勢の日本人が暮らす都市、バンクーバー。日本を発つ前は、「さぞ、日本食が恋しくなるんだろうな〜」なんて、和食を食べ溜めしたものですが・・・

日本食、食べられます。

外食はもちろん、日本食を取り扱うスーパーで調味料や食材も手に入ります。私は、お米や調味料は韓国系スーパー「KIM’S Mart」で買っています。

IMG_8689

 

みなさんお馴染み「ダイソー」も!!日本の日用品や消耗品が手に入るのは嬉しいですね〜。ただ、こちらは2ドル均一+12%の消費税です。

Daiso-6-front of the store

 

こちらは、「コンビニ屋」。

IMG_0361

 

しかし!!手に入るとはいえ、値段が日本の2〜3倍・・・。

ポカリスエット1.5Lが、800円だと・・・?!?!

熱が出た時の贅沢品ですね・・・。他にも、例えばキッチン用品なども日本と同じくらいの値段でバンクーバーで買おうとすると、日本ほどのクオリティーは望めません。
そこで、私が日本から持ってきてよかった物、一時帰国の際に買い溜めしてきた物、持って来ればよかった〜!と欲した物をご紹介します。どうぞ、ご参考に!

1.食料品関係

お茶漬け、ふりかけ、緑茶パック、のど飴、インスタント味噌汁、ダシ類

なお、肉類等、カナダに持ち込めない物もありますので、ご注意くださいね!

贅沢品ポカリスエット

贅沢品ポカリスエット

 

コンビニ屋では2〜3倍の値段のものたち

コンビニ屋では2〜3倍の値段のものたち

 

バンクーバーの乾燥を侮るなかれ。喉を守るのど飴。

バンクーバーの乾燥を侮るなかれ。喉を守るのど飴。

 

2.家電製品

炊飯器

バンクーバーへの留学経験のある友人からアドバイスをもらって、唯一、家電では炊飯器だけ海を渡りました。持ってこられる荷物の量にも、限りがありますからね〜。もちろん他の家電も、船便を使う等すれば持ってこられます。が、配送料が高い!自分で部屋をレンタルする場合にも、冷蔵庫、洗濯機、乾燥機、オーブンなどは備え付けされている部屋が多いです。なので、掃除機やレンジ、ドライヤーといった細々した家電は、現地購入してしまった方が良いでしょう。

日本から持参した炊飯器。

日本から持参した炊飯器

3.日用品関係

目薬、衛生用品、化粧品関係、歯ブラシ

特に、女性のみなさま、衛生用品は日本製品を買ってきましょう!!バンクーバーに限らず、海外生活経験者の女性は口を揃えて言います。日本製を購入することはできますが、やはり2〜3倍ほどの値がします。日本製品の、なんと繊細なことよ・・・。化粧品関係も、使い慣れている物がある人は持参することをオススメします。歯ブラシは、びっくりするくらい大きいです!コンパクトサイズの倍・・・。

右:バンクーバーで購入、左:日本で購入

右:バンクーバーで購入、左:日本で購入

4.文具関係

ノート、ルーズリーフ、ファイル、消しゴム、ボールペン

バンクーバーはノートに限らず、紙類が非常に高い。そして、ペラペラ。林業の国なのに、なぜなのでしょう・・・。ファイルは文具店やdallermaという100円均一のようなお店で購入できますが、日本のように種類は豊富ではありません。また、こちらのルーズリーフは三つ穴で、サイズもA4ともA5とも言えない、なんとも中途半端なサイズなのです。ルーズリーフとファイルは同じ国で購入してくださいね。

バンクーバーで購入した文具類。ノートは5〜10ドルくらい。

バンクーバーで購入した文具類。ノートは5〜10ドルくらい。

5.衣料品関係

ヒートテック、靴下、タイツ、ストッキング

2016年春時点で、バンクーバーにユニクロはありません!冬場は、雪はほとんど降らないとはいえ、海風が冷たく、雨続きのバンクーバーの冬は寒いです。日本でヒートテック愛用してる人は、ぜひ買ってきましょう!また、靴下は手頃な靴下屋さんが見つからず、私はバンクーバーに来たばかりのころ靴下難民になりました・・・。

 

以上、一例を挙げてみました!日本製品と海外製品を両方買って、比較してみるのも楽しいですね〜☆

About The Author

Kana
ライター/キュレーター

2015年9月よりバンクーバー在住。岩手県出身。信条は「誰かの生き方が、誰かが生きるヒントになる」。海外生活初心者の視点で、実体験に基づいた生きた情報をお届けします。海外やバンクーバーでの生活を考えている、まだ見ぬ挑戦者のみなさんが、さらに前向きになれるお手伝いができますように。

Related Posts