第一回 野崎和子 Yoga Instructor
~海外で働く日本人が答える10の質問~

オーストラリアで出会ったチーズフォンデュ仲間(笑)とスイスで3年ぶりに再会!

オーストラリアで出会ったチーズフォンデュ仲間(笑)とスイスで3年ぶりに再会!

 

1_お名前:会社名:職種を教えてください。

野崎和子:ヨガインストラクター & オーガニック・ベジタリアンスーパーのスタッフ

2_あなたのお仕事について、具体的に教えてください。

バンクーバー市内のスタジオや公園でヨガを教えています。オーガニックスーパーではレジ仕事から新しい商品の仕入れなど、幅広く担当しています。

3_日本では、どんなお仕事をしていましたか?

学生時代は販売店員、ウェイトレスをしていました。社会人になってからはオーストラリアで留学エージェントとして働き、帰国後は英会話講師として働いていました。

4_海外で働くようになったきっかけは?

昔から海外で住んでみたい、働いてみたいという思いがあったので、大学卒業後ワーキングホリーデーで渡濠しました。

5_英語はどのように勉強されましたか?

基本はすべて中学・高校英語から。短期ホームステイでできた友達や、日本にいる外国人の人とランゲージエクスチェンジをしたり、妹と英語で会話したり。日本にいながらも極力アウトプットするように心がけていました。

6_海外で働き始めて、苦労することは何ですか?

海外での職探しは経験重視。その分野での経験がないとなかなか雇ってもらえない。自分のやりたい職に就けるまで、時間がかかりました。

7_それを、どのように克服されましたか?

同じ分野でも規模の小さい所や、日系の企業にアプローチ、ボランティアで働く等、経験を積む事に専念しました。そこから一歩ずつステップアップ!

8_海外で働くことの楽しさは、何ですか?

年齢、国籍関係なく、経験ややる気があれば受け入れてもらえる! あとはオンオフがはっきりしているので、しっかり働いて、しっかり休めるところ!

9_海外で生き抜くための “仕事の流儀”を教えてください。

郷に入れば郷に従え。文化の違いを受け入れて楽しむ事。

10_海外で働くとこで、自分がどう変わったと思いますか?

良い意味で、職場でもよりオープンに、カジュアルになったと思います。上司に対しても気を使わないというか、言いたい事はそのまま伝えてお互いに成長しあえる環境にあると思います。

野崎和子さんの、とある一日のスケジュール

4:30 : ヨガクラスのある日は5時前に起床!
しっかり水分補給をし、少しだけ果物をかじって、スタジオに徒歩または自転車通勤!(徒歩10分!)

5:45:スタジオ到着
オープンの準備(パソコン、ライト、音楽の準備、生徒さんのチェックイン等)

夏は青空ヨガ

夏は青空ヨガも開催!

6:00:1時間のヨガクラススタート!
(今朝の調子はどうかな、とか、今日はどこを意識してヨガをするのか、1日どういう気持ちで過ごしたいのか、等自分と向き合いながら1日をスタートします!)

7:00:ヨガクラス終了!
心身ともにスッキリしたあとはスタジオを片付け、家に帰ります。

7:30:朝のコーヒータイム
コーヒーを作るのは彼の担当! 夏だとアサイーボールやスムージが朝ごはん。冬は果物1つとトーストなど温かいものが欲しくなります。余裕のある日は彼のランチをパッキング。

朝ごはんはヘルシーに!

朝ごはんはヘルシーに!

8:00:彼出勤、いってらっしゃい!私は次の仕事まで自由時間!
パソコン・メールチェック、Youtubeビデオ編集、ヨガクラスの音楽集め、洗い物等その日によっていろいろ。

10:30:オーガニックスーパー出勤
仕事内容(メールチェック、商品の在庫確認、発注、POSシステムの調整、レジ等)
ランチは職場で、ヌードルだったり、ご飯だったり、毎日いろいろ。職場で一番楽しい時は、お客さんと話している時。

オーガニックストア

勤務先のオーガニックストア。オープニングから働いています!

18:15:帰宅!夜ご飯を作ります。
働いているスーパーで野菜など調達。よく作るのはベジ餃子! よくYouTubeのPeaceful Cuisine、Ryoyaさんのレシピを使わせてもらっています!(彼のレシピ通りに作るとハズレがない!) 家ではほぼプラントベースな食事。

この日はビーガン麻婆豆腐。料理は大好き!

この日はビーガン麻婆豆腐。料理は大好き!

19:30~:自由時間!
働いているヨガスタジオのクラスにいったり、映画をみたり、お風呂に入ったり、etc.

22:00:おやすみなさい!
次の日も朝ヨガのある場合は早めに就寝!

<<<次回は野崎和子さんの “ゼロ→イチポイント” に迫ります!>>>

About The Author

Star☆tS 編集長 - 言葉の魔術師

兵庫県明石市生まれ。言葉のお仕事師。夢見がちなこども時代、激音と妄想まみれな思春期、販売・事務職など迷走OL時代を経て、大失恋をきっかけに晴れてコピーライターに。2007年、サンタモニカへ移住。2010年、バンクーバーへ移住。ブランディング、コピーライティング、インタビュー記事執筆などの他、絵本、小説、エッセイなど、アーティストとコラボした作品も創作中。最近ぐっときた言葉は「愛は光の速度の二乗」。 カナダ留学エージェンシー カウンセラー

Related Posts