ぼんやりと、しかし確かな存在感でもって佇む一本の樹、そして鳥たち。青と緑の寒色を基調としながらも、滲みでるようにうっすらと柔らかく施された彩色。互いに手を繋ぐように伸びる小枝、寄り添うように羽を休める鳥たちは、寒さの中にある温もりを教えてくれる。私達のココロにも、ふと浮かぶ不安や寂しさ。けれど、地上にしっかりと根を生やした一本の樹のもとに集まれば、孤独に思えた自分の存在が、すべてがつながっていることに気づく。そしてまた、それぞれの場所へ飛び立てる……。

art_lori2

Lori Bagnérès作「The Gathering(Atsumali:集)」(2015年)  
:アクリル、写真転写、ミクスドメディア

オンタリオ州出身、現在ノースバンクーバーに暮らすアーティストのLori Bagnérèsさん。今回の作品は、都会と自然がひとつに溶け込む情景を表現したシリーズ『family tree』中からの1点。

飛び交う鳥、崩れかけた壁などのイメージは、時と人々がどのようにその存在を残すかを示したものであるという。この鳥たちは、バンクーバーの空を行き交うカラスたちでもある。人間と鳥たちが分け合う自然や文化背景の融合が、魅力的な都会へと導き出してくれると同時に、我が家へ、『family tree』へと連れ帰ってくれる、そんな場面を表現した作品だとLoriさんは言う。

また、この作品に映し出される樹は、Loriさんのご主人が日本の白馬を訪れた際に撮影した樹を転写したもの。さらに背景にはLoriさんが2015年に京都で手に入れた新聞の一部が使われている。

バンクーバーの日常風景、旅先で出会った景色を、その時空間ごと切り取った作品たち。どこかで出会ったことのあるような、同じ時間を共有しているかのような不思議な親近感は、作品の前に立つ私達を小さな旅へと連れて行ってくれる。

Mayumiから一言:)

この作品のタイトル『Atsumali:The Gathering』 の「集」という字は、まさに「木の上に集まる鳥たち」を表す象形文字でもあります。人々が集まり、羽根を休め、情報をシェアし、また飛び立っていく……。まさに、『StartS』そのもの! そしてそんな『StartS』からお届けするこのコラムもそう。出逢ったアートをどう感じるかは、その人次第、100%自由! 「アートをもっと身近に」をモットーに、ローカルアーティストの作品たちをいろんな角度から楽しんでもらえる情報を発信していきたいと思っています。

Lori Bagnérès
www.loribagneres.com

自身もアーティストであるLoriさんは、カナダ国内のアーティストの作品を毎日アップして競売にかける『Artbomb』のウエストコーストエリアのキュレーターも務めている。

Artbomb

www.artbombdaily.com
会員に毎日メールで配信される各地域の選りすぐりアートの数々。Artbombのゴール、それは地元カナダの素晴らしいアート作品をもっと容易に手に入れられるよう手助けをすることだそうだ。

About The Author

Mayumi Kobayashi
Art Curator

日本では美術教師、陶芸教室講師として勤務。2010年春よりバンクーバーに在住、ローカル誌の編集者として活動。現在はカナダ×日本のミックス娘二人の母業に邁進しつつ、ニッティングを中心にプチ制作を楽しんでいる。アートにときめくココロと持ち前のアンテナを活かして、様々な角度から常にアートと関わる生活を満喫中

Related Posts