ヨガと、ナイキと、ブルース・リー。

_今回は、Arisaちゃんという存在をかたちづくっている“秘密道具”に迫りたいと思います。Arisaちゃんといえば、まずYouTubeでも人気のヨガだと思うんだけど。

 

 わたし、バンクーバーに来て、ヨガを始めて、マッサージも習って、本当に考え方が変わったんだ。日本にいた時は「感覚」なんて考えたことなかったし、空の色もあんまり見ないような子だった。感謝とかも、あまりしたことがなかった。
でもこの街に来て、ヨガをして、体で感じることに敏感になると、それは心にもつながって、いろんなことに感謝したり、自分の内にどんどん意識がいくようになった。体がリラックスしたりほぐれると、心もほぐれていく。体が強くなると、心やメンタルも強くなる。地に足がついて、心が落ち着くの。body-mindはつながっているんだなぁって、思う。

 そうやって自分を受け入れられたら、自分に対して優しくできるし、結果、同じように人にも優しくできたり、人のことも受け入れられる。

 気持ちがいいという感覚は、体にとってすごく大事で、それを感じることは、いわゆる“自分さがしの旅”(この言葉あんまり好きじゃないんだけど(笑))、自分という存在の核 、“BE” を見つける旅の始まり。そんな感じがする。

わたしっていう存在は、その核の部分と今までの経験、性格、アイデンティ、すべてが本当の自分だと思うから。でも忙しく生活していたり、日本での生活みたいにまわりにいろんな刺激やものがありすぎると、その核の部分になかなか到達しにくいんだよね。

_ヨガは深いよね。単なるストレッチじゃないんだもんね。

 

 そう。安定、バランス、強さ、コアを鍛えるっていうこと。例えばお腹、第三チャクラが鍛えられると、自分のセンターが鍛えられて、自分が何をしたいかとか、そういうことがちゃんとわかるようになる。ヨガは生き方っていうみたい。奥が深すぎて、わたしもまだわかってないことはたくさんある。だからこそ面白いの。

 

_身体が鍛えられることで、精神も鍛えられるっていうこと?

 

 うん。わたしがやっていることってぜんぶ、体から入って内側の深いところに行くっていうことなのね。例えばコーチングみたいに、脳みそで考えながら、感じて、身体に入っていくっていうルートもあるんだけど、現代人って、頭で考えちゃう人が多い。だから、まず体を感じてみることで、何でもいいの、「なんか気持ちいいなあ」とか「安心だなあ」とか、少しずつ体の外側から、内側へ到達していくっていうこと。マッサージも、ヨガもそうなんだよ。

 

_“体を感じる”かあ……。

 

 ボトムアップっていうんだけど、五感で感じること、なんでもいいんだよ。自然の中に入って、空を見て、ああ青いなあ、落ち葉がキレイだなあ、鳥の声、波の音、ただそれを感じることで、自分自身とコネクトして、内側に入っていくことがすごく大切なの。ほんとうはすごく簡単なことなのに、現代を生きてると、なかなかできないよね。特に日本にいるとそうなのかもしれない。

 

_だからこそ、ヨガなんだね。

 

 わたしにとってヨガの時間は、自分とつながる時間。「あ、今日はここ硬いな」とか自分の体を感じることもそうだし、もちろん呼吸もそう。ヨガマットの上で体を動かすことで、自分の意識もセンターに戻すようにしてるの。

 

_なるほどね! ヨガマットをたたんだ後も、ちゃんと自分のセンターを感じて生きるっていうことだよね。そしてまたそこに帰ってこれる。最強の“必殺道具”だね。

 

 そう:)

1910492_221652570037_2643932_n

_じゃあ次は、Arisaちゃんをいつも奮い立たせてくれる“必殺名言”を教えて下さい。

 

 ナイキの「Just do it」。わたし何かやる時に結構いろいろ考えちゃったりするんだけど、親や人がどう思うとか、こんなことできるワケないとか。でもとりあえず目の前にある、自分が惹かれること、何も考えずにやったら?って。

2番目は「Always have a faith in yourself」。何をしてても、絶対に自分はできる。わたしは大丈夫。なんとかなる。そう信じることは常にしてきたかなって思う。この二つが座右の銘かな。

 あ、まだある(笑)! わたし、ブルース・リー好きでさ、「Dont’ think, feel」っていうのは、マッサージの時も、ヨガの時も常に感じてるし、みんなにも伝えたい。

 あとは「Be water friend」っていう言葉も好きで。水ってしなやかに流れて、適応力があるじゃん。でも岩を砕くような力もある。そうやって人間的にも、優しくしなやかだけどパワーがある人になりたいし、流れに逆らわずに受け入れて、しなやかに生きたいって思ってる。

 

_いい名言、いっぱい出ました! そんなArisaちゃんが、日本にいた時、“ゼロ地点”で悩んでたころの自分に言ってあげたいことって、ある?

 

 「自分を信じて、思うままに、感じ
るままに進みなさい。大丈夫。悩んでるその時もぜんぶ、楽しみなさい」

 

_ありがとう! なんか自分も勇気もらった(笑)。最後に、Arisaちゃんにとって、“挑戦”とは?

 

 「人間として、成長する機会」。だから、挑戦することにはいつもワクワクしてる!

プロフィール;

窪田有紗
マッサージセラピスト・ヨガ講師
日本では元医師。語学留学をきっかけにカナダ移住。現在マッサージセラピスト/ヨガインストラクターとして活動中。「ヨガをもっと身近に感じて欲しい」という想いから、YouTubeチャンネルやブログ ”Wellness To Go”で、ヨガやマッサージの動画やTip、人間関係、バンクーバーのヘルシーライフなどを発信中。

第一回... 前回のストーリーを読む...

About The Author

Star☆tS 編集長 - 言葉の魔術師

兵庫県明石市生まれ。言葉のお仕事師。夢見がちなこども時代、激音と妄想まみれな思春期、販売・事務職など迷走OL時代を経て、大失恋をきっかけに晴れてコピーライターに。2007年、サンタモニカへ移住。2010年、バンクーバーへ移住。ブランディング、コピーライティング、インタビュー記事執筆などの他、絵本、小説、エッセイなど、アーティストとコラボした作品も創作中。最近ぐっときた言葉は「愛は光の速度の二乗」。 カナダ留学エージェンシー カウンセラー

Related Posts