Photo by Beraldo Leal

志の高い、高校生、大学生、もしくは、社会人の皆さん、こんにちは!将来世界で活躍してみたい皆さんのために、学びの場としての世界の大学トップランキングを総合、そして分野別に紹介したいと思います。

これからの将来、学びの場として、日本だけでなく、世界も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

学びの成長は、自分の努力や才能なども関係しますが、周りの環境もとても大事になってきます。自分の興味のある分野を学ぶのであれば、世界のトップが集まる環境で自分を鍛えていくことが、自分の成長速度を高めることになります。また、世界の最先端やトップが集まる場所には、最新の情報も集まりやすく、相対的に先の未来を見通すことも可能になります。

少し自分にはハードルが高いと思う場所のほうが、チャレンジするには最適の環境だと思いますので、今から発表するランキングを参考に、学びの場として世界、海外を意識してみてはいかがでしょうか?

 

総合ランキング

第1位:California Institute of Technology (Caltech) – United States

第2位:Harvard University – United States

第3位:University of Oxford – United Kingdom

第4位:Stanford University – United States

第5位:University of Cambridge – United Kingdom

第6位:Massachusetts Institute of Technology (MIT) – United States

第7位:Princeton University – United States

第8位:University of California, Berkeley – United States

第9位:Imperial College London – United Kingdom

第9位:Yale University – United States

* 9位は同点

 

総合ランキングは、軒並み、アメリカとイギリスで独占状態ですね。アメリカとイギリス以外で、トップを走っているのは、第13位にランクインしたスイスにある「ETH Zürich – Swiss Federal Institute of Technology Zürich」です。参考までに、アジア勢のトップは、日本の「東京大学」が第23位にランクインしています。

続いて、分野別のランキングも紹介していきます。自分が学びたい分野のトップはどこでしょうか。

 

分野別ランキング

Arts & Humanities(芸術&人文科学関連)

具体的な科目でいうと、Architecture, Art, Cultural Studies, History, Languages, Literature, Philosophy等があります。

第1位:Stanford University – United States

第2位:Harvard University – United States

第3位:University of Chicago – United States

第4位:University of Cambridge – United Kingdom

第5位:University of Oxford – United Kingdom

第6位:Princeton University – United States

第7位:Yale University – United States

第8位:University College London (UCL) – United Kingdom

第9位:University of California, Berkeley – United States

第10位:University of California, Los Angeles (UCLA) – United States

 

こちらの分野のトップ3はアメリカ。その他は、イギリスのみ。アメリカ、イギリス以外でのトップは、第15位にランクインしたカナダの「University of Tronto」です。10位以降のランキングを見ると、オーストラリア、カナダ、ドイツの大学が比較的多くランクされています。この分野ではアメリカ、イギリスはもちろんのこと、カナダ、オーストラリア、ドイツも視野に入れてみてはいかがでしょうか?ちなみにアジア勢での最高順位は、第42位にランクされたシンガポールの「National University of Singapore (NUS)」で、日本の大学は、残念ながら100位以内に1つも入ることができませんでした。あなたの興味がこの分野で、世界で活躍したいなら、海外の大学も1つの選択肢として、検討してみてはいかがでしょう?

 

Clinical, Pre-Clinical and Health(臨床&保健医療分野)

具体的な科目でいうと、Dentistry & Oral Surgery, Health Care Science & Services, Medical Laboratory Technology, Medicine, Nursing, Psychiatry, Rehabilitation, Sports Science等があります。

第1位:University of Oxford – United Kingdom

第2位:Harvard University – United States

第3位:University of Cambridge – United Kingdom

第4位:Imperial College London – United Kingdom

第5位:Stanford University – United States

第6位:Columbia University – United States

第7位:Johns Hopkins University – United States

第8位:University College London (UCL) – United Kingdom

第9位:University of California, Los Angeles (UCLA) – United States

第10位:Yale University – United States

 

こちらの分野はイギリスがトップ5に3つの大学がランクイン。アメリカ、イギリス独占の図式は変わらず。アメリカ、イギリス以外でのトップは、Art & Humanitiesの分野と同じく、第13位にランクインしたカナダの「University of Toronto」と、同点の13位でオーストラリアの「University of Melbourne」です。医療福祉の分野で定評のある国スウェーデンの「Karolinska Institute」も第15位にランクインしています。アジア勢は、日本の「東京大学」の36位が最高でした。

 

Engineering & Technology(エンジニアリング&テクノロジー分野)

具体的な科目でいうと、Aerospace Engineering, Biomedical Engineering, Chemical Engineering, Computer & Information Science, Electrical  & Engineering, Mechanical Engineering, Operations Research & Management Science, Robotics等があります。

第1位:Massachusetts Institute of Technology (MIT) – United States

第2位:Stanford University – United States

第3位:California Institute of Technology (Caltech) – United States

第4位:Princeton University – United States

第5位:University of Cambridge – United Kingdom

第6位:Imperial College London – United Kingdom

第7位:University of Oxford – United Kingdom

第8位:ETH Zürich – Swiss Federal Institute of Technology Zürich – Switzerland

第9位:University of California, Los Angeles (UCLA) – United States

第10位:University of California, Berkeley – United States

 

こちらの分野はアメリカが強いですね。唯一、アメリカ、イギリス勢の独占に割って入ったのが、スイスにある「ETH Zürich – Swiss Federal Institute of Technology Zürich」。スイスはこの他にも第12位に「École Polytechnique Fédérale de Lausanne」もランクインしています。またアジア勢もこの分野では健闘しており、シンガポールの「National University of Singapore (NUS)」が第13位に、香港の「Hong Kong University of Science and Technology」が第21位、中国の「Tsinghua University」が第23位にランクインしています。ちなみに日本のトップは、「東京大学」でこちらも第25位にランクしています。

 

Life Sciences(生命科学分野)

具体的な科目でいうと、Agriculture, Biology, Biophysics, Ecology, Forestry, Genetics, Physiology等があります。

第1位:Harvard University – United States

第2位:Massachusetts Institute of Technology (MIT) – United States

第3位:University of Cambridge – United Kingdom

第4位:University of Oxford – United Kingdom

第5位:Stanford University – United States

第6位:California Institute of Technology (Caltech) – United States

第7位:Yale University – United States

第8位:Princeton University – United States

第9位:Johns Hopkins University – United States

第10位:Imperial College London – United Kingdom

 

こちらもアメリカ、イギリスが強いのですが、Top20を見ると、第15位にスイスの「ETH Zürich – Swiss Federal Institute of Technology Zürich」、第18位にオランダの「Wageningen University and Research Center」、第20位にカナダの「University of British Columbia」がランクインしています。アメリカ、イギリス以外でこの分野を視野に入れている方は、これらの大学も検討範囲に入れてみてはいかがでしょうか?ちなみに、アジア勢のトップは、日本の「東京大学」が第28位に入っています。

 

Physical Sciences(物理科学&自然科学分野)

具体的な科目でいうと、Astronomy, Chemistry, Earth Science, Mathematics & Statistics, Nanotechnology, Physics等があります。

第1位:Princeton University – United States

第2位:Massachusetts Institute of Technology (MIT) – United States

第3位:Harvard University – United States

第4位:California Institute of Technology (Caltech) – United States

第4位:Stanford University – United States

第6位:University of Cambridge – United Kingdom

第7位:University of Oxford – United Kingdom

第8位:University of Chicago – United States

第9位:University of California, Los Angeles (UCLA) – United States

第10位:University of California, Berkeley – United States

 

こちらはTop5までアメリカ独占。10位以下を見ても、アメリカ勢が強い分野です。Top20の中で、アメリカ、イギリス勢以外を探すと、第11位にスイスの「ETH Zürich – Swiss Federal Institute of Technology Zürich」、第16位にドイツの「Ludwig-Maximilians-Universität München」、第18位に日本の「東京大学」、第19位にカナダの「University of Toronto」、第20位に再びスイスの「École Polytechnique Fédérale de Lausanne」がランクインしています。日本の大学がトップ20に入ったのはこの分野が初めて。日本が世界に最も近いのはこの分野なのでしょうか。

 

Social Sciences(社会科学分野)

具体的な科目でいうと、Business, Communication, Decision Support/Statistics, Economics, Education, Geography, International Relations, Law, Psychology, Sociology等があります。

第1位:Stanford University – United States

第2位:Massachusetts Institute of Technology (MIT) – United States

第3位:University of Oxford – United Kingdom

第4位:Harvard University – United States

第5位:Princeton University – United States

第6位:University of Chicago – United States

第7位:Yale University – United States

第8位:University of Michigan – United States

第9位:University of California, Los Angeles (UCLA) – United States

第10位:University of Cambridge – United Kingdom

 

この分野もアメリカが独占状態です。Top20を見てもほぼアメリカ勢です。アメリカ、イギリス勢以外でのトップは、第19位にオーストラリアの「University of Melbourne」、第20位にカナダの「University of Toronto」がランクインしたのみ。18位までは、ほぼアメリカ勢、その中にイギリス勢が少し入ってくるというランキングになっています。アジア勢のトップは、同点の29位で、香港の「The University of Hong Kong」とシンガポールの「National University of Singapore (NUS)」がランクイン。日本勢では、第87位の「東京大学」がトップでした。この分野では、多くのアジアの大学が日本の大学よりも上にランクされており、日本で学ぶよりも、世界、または他のアジアに目を向けるのも1つの選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

 

ランキングの決定方法:

「THE」は、下記の5分野、13項目に関して調査を行い、それぞれに重み付けをし、最終的にランキングの形で発表しています。

Teaching: The Learning Environment

– Total students/Academic staff

– PhD awards/Bachelor

– PhD/Academic staff

– Reputation survey(teaching)

– Institutional income/Academic staff

Research: Volume, Income and Reputation

– Scholarly papers/Academic staff

– Research income/Academic staff

– Reputation survey(research)

Citations per Paper

– Citations: Research impact

Industry Income: Innovation

– Income from industry/Academic staff

International Outlook

– Ratio of international to domestic staff

– International co-authorship

– Ratio of international to domestic students

 

詳細はこちらからご覧ください。

 

参考情報:

*データは、高等教育に関する調査、出版、ニュースを扱っているイギリスのリーディングカンパニー「THE」が発表したものになります。

http://www.timeshighereducation.co.uk/world-university-rankings/

 

About The Author

Multitasker

Star☆tSチームのなんでも屋。バックグラウンドは、ITコンサルタント、ソリューションエンジニア、Web Developer/Desinger/Marketerと多彩。個人でもビジネス、ブログを運営中。趣味はスポーツ全般。

Related Posts