今回は番外編といったノリで、いま家にある食材で思いつきビーガンごはんを作ってみようという企画です!

img_2212

 

まずは冷蔵庫をチェック。

自家製トマトソースと使いかけのトマト缶、ビーガンチーズを発見!

ということはイタリアン系かな?

残り物のごはんもあるので、ビーガンドリアに決定!

 

img_2213img_2215

 

 

オーガニックのニンニク、ケール、残り物のごはんで炒めごはんを作ります。

味付けは塩こしょうと自家製トマトソースで。アクセントにクミンを少しだけ加えました。

これだけでも美味しい~!

 

 

 

みじん切りにしたたまねぎ、マッシュルーム、イエローペッパーをじっくり炒めた後、トマト缶と自家製トマトソースを加えて少し煮込みます。味付けは塩こしょうで。

一般的にドリアではベシャメルソースを使いますが、今回はあくまでも残り物クッキングなのでトマトソースでごかんべんを。

img_2225-1

 

 

 

グラタン皿に炒めごはん、ローストしたナス、トマトソース、ビーガンチーズの順に乗せ、チーズがとろけて少し焦げ目がつくくらいまでオーブンで加熱します。

 

 

 

img_2224

 

 

2週間前に近所のファーマーズマーケットで仕入れたピーシューツとミニトマトはまだまだフレッシュだったので、付け合わせとして採用!

トマトはオリーブオイルとオレガノを加えて、オーブンで軽くローストしました。

 

 

 

今回のポイントはビーガンチーズ。

まだビーガン料理を始めたばかりの頃はとにかくヘルシーであるべきと意気込んでいて、プロセスフードはできるだけ避けていましたが、今は気にせず食べたいと思ったものを手に取るようにしています。

ここはビーガンパラダイス、バンクーバーなので様々な種類のビーガンミートやチーズが手に入るので試さない手はないですよね。

家にある限られた食材からメニューを決めるのって、メニューを決めてからお買い物に行くより私向きで楽しい!

また冷蔵庫がカオス状態になりかけた頃にこの思いつきクッキング企画をやりたいと思います。

ありがとうございました。

 

 

 

About The Author

Hiro
Vegan Chef

2007年より4年半、夫のソラとバックパックでアジア、ヨーロッパを放浪。ソラがビーガンになったことを機にビーガン料理を日々研究するように。2012年にバンクーバーへ移住。ベジタリアンレストランのキッチンで3年働いたのち、2015年よりソラと共 にVegan Pudding & Co. を立ち上げる。調味料など1から創作することを得意とし、詩人ソラの朗読会をはじめ各種イベントなどでも料理の腕をふるう。

Related Posts